2007年02月25日

●虫図鑑3●必殺虫退治仕掛け人、登場!

**************************
 ●帰ってきたブログバトン●
 〜今度は、ブログバトル!〜
**************************

心とからだをほぐす、
自分棚卸しワークショップ
http://kamewaza3.seesaa.net/article/34543256.html

テーマは「ズルヤスミ」♪

その日に向けてスタートした
ブログバトン…もとい、バトル!

第1バトン(バトル)は、心屋仁之助さん♪
「虫図鑑1●他人(ひと)の目虫」
http://zuruyasumidayo.seesaa.net/article/34520534.html
第2バトン(バトル)は、あづまやすしさん♪
「虫図鑑2●ホコリ虫」
http://bookonlove.seesaa.net/article/34538418.html

そして、今回が私、かめおかの担当です。


セラピストのお二人が
いきなり、解決策を
提示してきましたが、
ここではちょっと逆戻り。

「ズルヤスミ」って何かな?
ってことを考えてみたいんです。


昨日、たまたま、
野口体操のワークショップ
http://www17.ocn.ne.jp/~noguchi/
に参加したんですね。

野口体操の動きって、
名前のついているものは
たくさんあるけれど、
でも、究極的には、
決まった動きはないんです。

というのも、
自分のからだに問いかけて
いく体操だからです。


ところが、はじめてのひとは
(はじめてでなくても)
この、自分のからだに聴いて、
そのまま動いていくという
ことが、なかなかできません。

お手本がほしくなるんです。
正解がほしくなるんです。

自分のからだに聴くのだから、
決まったお手本も正解も
あるはずがないのに…。


でも、これって、
そのひとのせいというより、
そのひとが生きてきた環境が
影響しているんです。

もっと言うと、私たちの
日常生活のほとんどが、
「決まりごと」にしたがって、
生きていくように
できているせいなんですね。


「決まりごと」が、
自分にとっても
心地よいものであれば、
問題ありません。

でも、すべてのひとが、
同じように感じ、
同じように動くなんて、
ありえません。

どこかで、ずれが出ます。


そのずれこそが、本来の
そのひとらしさといえる
部分になります。

そうですよね?

ほかのひととちがう、
自分だけの感覚。

そのひとらしさが、そこで
発揮されてくるわけです。


でも、そのひとらしさを
いざ、現実の社会で、
生かそうとすると、
そう簡単にはいきません。

たとえば、そのずれを
もっと感じるために、
立ち止まりたくなっても、
立ち止まることが
ゆるされない場合が
おおいんです。


「なぜ立ち止まるんだ。
 みんなやってるじゃないか。
 ひとりだけズルするつもりか」

そんなふうに叱られます。

そう。
私たちの社会は、
「ズルヤスミ」を、
ゆるさないように
できているんですね。


おかしいと思いませんか?

自分らしく生きることが、
ズルだといわれるなんて。

自分らしく生きることが、
自分を苦しめてしまうなんて。


そんなことが
繰り返されていくうちに、
しまいには、
自分でも自分自身に、
「ズル」を
(自分らしい感覚を)
ゆるさなくなるんです。

自分の気持ちは押しこめて、
ひとと同じように、
目立たないように、
まさつが起きないように…。

そして、その結果、
限界を超えてしまうことさえ
あるんです…。


自分を追いつめてしまう前に、
思い切って
「ズルヤスミ」しませんか?

「ズルヤスミ」をして、
本来の自分を取りもどしませんか?

今回のワークショップは、
そんな提案なんです。


で、あなたのなかには
いいえ、ひとのこころには
「ズルヤスミ」をゆるさない
虫たちが、我がもの顔で
はびこっています。

その「虫」たちを、
私たち三人が、
このブログバトルで、
いっこいっこ、見つけ出し、
退治しちゃおうって考えたんです。


なんか、必殺仕掛け人みたいで、
ちょっとかっこいいですね。

(あ、古かったですか?)汗

しかも、
「必殺虫退治仕掛け人」?

う…。

なんかもっといい
ネーミングはないものか!(爆)


…。(^^ゞ

ま、いずれにしても、
あなたには、身軽になって、
自分らしさを取りもどす、
最後の仕上げのつもりで、
ワークショップに
参加してもらいたいんです。

また、今回は
ワークショップに
参加できないというひとにも、
虫退治=棚卸しを
誌上体験してもらいたいんです。


***************************************
日程/2007年3月26日(月)平日!
時程/集合12時30分〜18時30分
参加費/前納10000円、当日12000円
会場/都内某所(高田馬場付近)
   ※お申込みいただいた方に連絡します♪
定員/50名  
申し込み締切/2007年3月20日
   ※ただし、定員になり次第、
     〆切日前でも、受付終了とします。
申し込み/http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98461136
****************************************


というわけで、
次の仕掛け人バトンは、こちら!
http://zuruyasumidayo.seesaa.net/article/34520534.html

posted by かめおかゆみこ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(11) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。